子育て費用について

毎日生活していると、一体、何にいくらかかっているのか

解らなくなります。

食費や住宅費、光熱費は削減することが難しいですよね。

子育ての費用も目に見えないですが育て上げるまでにかなり必要です。

月の収入が30万円あったら、贅沢しなければ子供二人位は高校までは出せるのでは?

と思う方が多いと思います。

車を所有せずに、子供に塾や習い事、部活に行かせず、家賃4万円以下なら可能です。

計算上ですが。

小学校の低学年までは25万円くらいで生活できますが、

大人並に食費がかさんでくると30万円を超えてきます。

また部活や塾、スマホやお小遣い、修学旅行や受験などのイベントも発生するので

生活費は35~40万円は最低でも必要になってきます。

感覚的には小学生までは月に2万円

     中学生は 月に4万円

     高校生は 月に7万円

という数字が現実的だと思います。

大学となると桁は変わります。

家から通う場合は高校生の生活費より塾や部活が無い分安くなります。

月の養育費だけで考えれば5~6万ほどになると思います。

県外の場合はプラス4万円の家賃が発生します(家財、引っ越し、敷金別)

国公立大学になると月に5万円程度の学費も必要です。

私立の場合は月10万円が必要です。

簡単に言うと 自宅から地元の国公立大学に通ってくれると

月に10万円で教育費と養育費が賄えます。

地元の私立大学に自宅から通う場合は 月に15万円

県外の国公立大学に4年間の場合は月に16万円

県外の私立大学の場合は月に20万円です。

専門学校は私立大学2年分で考えると良いと思います。

奨学金も視野に入れて計算する必要がありますが、

子供が大学を出ていくらの借金を何年払うのか?

と考えると月2万を10年で200万なので

100~200万円の間で借入をするのが良いのではないでしょうか?

それもなるべく100万円に近い数字がよいと思います。

みんな大学に行ってるから、、と軽いノリでいけるものではありません。

一方で高卒と大卒では乱暴に分けると地方企業と大企業の分かれ目になる部分があるので、500万円~1千万円の投資で生涯年収が5000万円~1億ほども変わってくるので投資でいえば優良だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。